結婚写真は新婦が妊娠中でも撮影できるのか

妊娠中に結婚写真を撮る場合は、ドレスショップと提携しているフォトスタジオを利用すると便利です。妊娠中はバストやウエストのサイズが大きく変動するため、ドレスのサイズも細かく変わるからです。特にレンタルドレスショップと提携しているフォトスタジオだと、妊娠中の急なサイズ変更にも対応してもらいやすくなります。ちなみにアンダーバストあたりの位置で切り替えのあるウェディングドレスの方が、妊婦さんにとって締め付けがなく楽に写真撮影が行えます。

妊娠中に結婚写真を撮影する際はさまざまなアイディアがあります。妊娠中だからこそ撮影できるお腹のシルエットを十分に生かすのも一つの方法です。逆光で妊婦さんのお腹を撮影すると何とも神秘的なイメージの写真に仕上がります。他にも新郎が新婦のお腹に手をあてて撮影するのもよいでしょう。元気な子供が生まれてくるのを願う写真となります。

メッセージの書かれたガーランドやフォトプロップスを活用するのも人気を集めています。自身で小物を作ることも可能で、手作りをするとそれもまた思い出の一つになるでしょう。妊娠中でも結婚写真は撮影でき、かけがえのない大切な期間をいつまでも思い出に残せます。